ホーム | サイトマップ | お問い合わせ
サイト内検索 help
 
銃の修理・加工について
お取り扱い商品について
 
中古銃のご案内
 
当社人気メーカーご紹介
 
オンラインショップ
クレー射撃の入門講座
射撃クラブのご案内
カスタム・ペイント
ゲストブック
関東クレー射撃場ガイド
講習会の日程
各申請書類のダウンロード
リンク
  ホームクレー射撃の入門講座クレー射撃を始めるには > 許可を取得できる銃について

許可を取得できる銃について 

 

 日本では、所持できる銃と所持できない銃があります。日本で許可を受け所持することができる銃は、下記の項目に適合しなければいけません。ただし下記の項目に適合している場合でも、スポーツ射撃や狩猟目的以外で製造されている銃(ミリタリー系の銃や狙撃のための銃など)は、許可されない場合があります。

 
1
 機関部、または銃身部に危害を発生するおそれのある欠陥がないこと。
 連続自動撃発式 (フルオート=引金を引きっぱなしで薬室および弾倉内の弾が発射される自動銃=機関銃) ではないこと。
 弾倉に6発以上(散弾銃は3発以上)の弾を充てんすることができないこと。

 口径が 『散弾銃 12番』 『ライフル銃 10.5o』 『空気銃 8.0o』 を超えないこと。
(ただし、熊やトドといった大きさの獣類を捕獲する用途の場合は 『散弾銃 8番』 『ライフル銃 12.0o』 を上限とする。)

 銃の全長は、『散弾銃、ライフル銃が93.9p』 『空気銃が79.9p』 より長くなければいけない。

 散弾銃、ライフル銃の銃身長は、 『48.8p』 より長くなければいけない。
(空気銃の銃身長の規定はありません。)
 銃の構造の一部として『消音装置』が付いていないこと。
 
>>PAGE BACK  
 
会社情報 | プライバシーポリシー | サイトのご利用について | サイトマップ | お問い合わせ窓口
Copyright © 2001-2006 YOSIHDA JUKI LTD. All rights reserved.